papico's note

通信大学生で主婦。日常を楽しく過ごす方法を探していきます。

「年賀状」がめんどくさいので、やめたら年末年始が気楽です

年賀状をやめたら年末年始が気楽

年賀状をやめて3〜4年経ちますが、12月の面倒な事が1つなくなって年末が気楽で快適です。

いつの間にか年賀状の準備がただのイヤな仕事になってたので、その習慣がなくなりスッキリしました。

もし、仕方なく出してるという方は一度止めてみても良いんじゃないでしょうか?

スポンサーリンク

年賀状をやめた理由

準備がめんどくさい

第1位の理由はズバリ「めんどくさいから」です!

誰に出すか決めてハガキを用意したり、引っ越した人の住所や、結婚や離婚で名字変わった人の住所録を変更する作業なんかが苦手でした。


仕事でも個人的なことでも「年内に終わらせたいもの」を片付けたくなるし、12月は何かと忙しい。

いつも正月休みに入ってから準備していたので、年賀状のために1日休みが潰れるというのも地味にストレスでした。


年賀状の一言メッセージに苦労

何も書かずに出すのも寂しいので、必ず一言添えていました。


年賀状ってデザインされたものを印刷したり、買ってきたりする人が多いと思います。

買う時は気をつけないといけません!今年もよろしくお願いします」と既に印刷されている物を買うと、義理で出してる人宛の書くことがなくなる(笑)


あと、自分と旦那の実家にも出してましたので、その文章に悩みました。【年賀状 親 一言】とか検索して参考にしたりして…。
旦那が私に丸投げしてくるので、結構ケンカになりかける事が多かったです。


「年賀状だけのやり取りの人」って意味ある?

もう10年以上会ってないし、おそらく今後もお互いに会うつもりはないだろう友人が数名います。

年賀状に「今年こそは会いたいね」なんて白々しいことを書いてるのが意味ないなって思いました。


好きならともかく義理で出すなんて、ハガキ代ももったいないし、ホントに連絡したかったらLINEでも交換すれば良いのにね!

なんて思ってたら、その友人の1人がついに一言さえ書かない印刷のみの年賀状を送ってきたので、もう完全にやめました(笑)


出したのに相手から来ないとか…

こちらから正月に届くように年賀状出したけど、相手からすごい遅れて届くみたいな事ありますよね。もしくは来ない…。

来たから仕方なく返してるってバレバレだし、来なかったら「縁を切りたがってる?」とか勘ぐったりして。正月早々からハガキ1枚の事でモヤっとしたくないです。


モヤっとすると言えば、普通のハガキに「年賀」って書いたヤツが届いた時も「ん?」てなりますよね(笑)。

あとは親しくない人の子供の成長写真、もう中学生なのにいつまで写真見せられるの?…ってなる。

年賀状をやめるときの注意点

f:id:papico405:20191127120416j:plain

元々、枚数は少なめだったこともあり、すんなり行きました。

会社員時代は上司に年賀状を出すことが半ば強制的に暗黙のルールだったけど、そういうのもなかったのでスムーズに行きました。

一斉にやめることを伝える

とりあえず注意点というか、配慮として「私が年賀状を出さないのはあなただけじゃないです」アピールはした方が良いかなと思います。

「今年で年賀状はやめます」と事前にメッセージで書く人もいるようですね。


私の場合は翌年からとかではなく、やめたいと思った時にすぐやめました。

一応LINEのプロフィールに「今年から年賀状出しません」と書いたり、毎年くれる友人にはメールやLINEでフォローしたり、親には電話しときました。
コレを機に縁を切りたい人は放置で…。


▼年賀状のフォローで少し失敗した話
www.papico405.com

年賀状をやめたら年末が自由で楽しい

上の方でも書いてますけど「年賀状の準備」って意外と多くの時間と精神力、そしてお金も消耗しています。
実は親しい人よりも、そうでもない人に出す枚数の方が多いですしね。


10月ぐらいに【年内にやることリスト】を考えたのですが、これには年賀状はもちろん入ってません。
www.papico405.com

個人的にはお正月より、年末のソワソワした雰囲気が結構好きなんです。
その楽しい時期に1個大きな憂鬱が減って、自由に過ごせるので良かったなとつくづく思います。


好きな人はそのままでいいけど、年賀状どうしようって迷ってる人はやめたらスッキリしますよ、絶対。
やっぱり寂しいて思ったら、また再開すれば良いし、年賀状ぐらいで人間関係がこじれるなら、どうせそれまでの人だったって事です。


▼ついでに「正月だから実家に帰らなきゃ」って考えもやめました。
www.papico405.com

最近アクセスの多い記事