papico's note

手帳・文房具、おでかけ、ゲームの話題が多いブログです。

さくらももこのエッセイが好き、久々に読みたい本『たいのおかしら』『憧れのまほうつかい』『ひとりずもう』

さくらももこのエッセイが好き

さくらももこさんのエッセイは、中学生か高校生の時にはじめて読みました。

それまで漫画のちびまる子ちゃんしか知らなかったけど、読んでみたら面白かったなぁ。私の好きな本いくつか紹介します。


スポンサーリンク

『たいのおかしら』と『もものかんづめ』

子供時代は本が好きだったけど、図書館で借りまくってました。漫画以外の”活字の本”を自分のお小遣いで買ったのは多分この『たいのおかしら』が初めてです。個人的に思い入れの強い本です。

最近やってた、とあるサスペンスドラマで犯人が「笑気ガス」を使ってました。これを見て、また読みたくなった人いますかね。いないかな?私だけ?


このエッセイの中に「歯医者に行く」って話があって、歯医者が怖いさくらももこさんが、旦那さんに相談して、”笑気ガスを使ってる歯医者に行ってみた”という内容なんだけど、それを思い出しました。


私も当時中学生ぐらいだったけど、もちろん歯医者が怖かったので、笑気ガスに興味津々でしたよ。本来の正しい使い方が書かれています(笑)



思い入れが強いと言う割に、手放してしまいました…。
すぐ読みたいけど、古い本だし、本屋にはない。図書館に行ったらあったので、借りてきました。

f:id:papico405:20190912175704j:plain
『たいのおかしら』(左)『もものかんづめ』(右)さくらももこ/集英社

ついでにもう一冊『もものかんづめ』も一緒に。どちらも結構ボロボロです。
きっと、たくさんの人に読まれたということでしょう(^_^)


歯医者の話以外にも「ひろ子の揉め事」と「英会話の学習」ってエピソードもお気に入り。
気まずい感じが目に浮かぶようでニヤニヤしちゃう!


さくらももこのエッセイを読むと、お姉ちゃんが結構親に心配かけてたんだとか、父ヒロシはそのままだとか分かっておもしろいのです。
ちょっと悲しげな話もあるし。久々に見ても文章のセンスがやっぱりすごい。



ドーナツの話もあると覚えてたので、帰りにパン屋でドーナツを買って帰宅。読んだ後に食べるドーナツ美味すぎるw

f:id:papico405:20190912184159j:plain
写真撮り忘れたのでイメージで。


『もものかんづめ』も

もものかんづめ』の方も読んだことあるはずだけど、記憶が薄いです。
こちらは、なかなか衝撃的な話が多い、おじいちゃんの話「メルヘン翁」とか(笑)この話は覚えてました!

当時、読んだ後に親や友達に「ちびまる子のおじいちゃんてホントは…」って言いまくってた気がします。


3部作だから、もう1冊の『さるのこしかけ』も読みたいな。これも読んだはずだけど、全然覚えてない。健康法の話が多めだったような気がします。

やはり初めてかった『たいのおかしら』が一番気に入ってます。


昔読んだ本をまた読むって良いですよね。
映画なんかもそうだけど、当時の思い出も一緒によみがえる!


『憧れのまほうつかい』

海外の絵本が割と好きで時々買うのですが、特にエロール・ル・カインが好きです。

西洋と東洋をミックスしたような、幻想的で繊細で、とにかく美しくて、引き込まれる絵で、不思議な世界に連れてってくれそうで、うっとり。

おどる12人のおひめさま』という絵本が割と有名かもしれません。


そのル・カインの作品集に、さくらももこさんのコメントが載ってたのですが、何年もスルーしてました。

しかし、最近自分の中で”さくらももこリバイバル”とでも言うのか、彼女のエッセイをまた読み漁ってるので、『憧れのまほうつかい』も買っちゃいました。

エロール・ル・カインとさくらももこ


さくらももこの原点?

内容としては、憧れのル・カインを辿る旅で、イギリス旅行に行った話です。
普通のエッセイよりは控えめだけど、イギリスの料理をディスったり、大事な時に眠くなったり、さくらももこ節がありました。インタビューのくだりが特に笑える!


ちなみに、私もそうですが、さくらさんも先程の『おどる12人のおひめさま』から好きになったと書いてました。


「私の中のル・カイン」という絵(コジコジの扉絵?)が結構載ってるんですが、これが素敵!
本人の絵も載ってるし、2人の絵を見れただけでも買ってよかったです。

正直、ル・カインとさくらももこが結びつかないと思ってたけど、ごめんなさいって感じ。ちゃんと自分の中に憧れの人の要素を取り入れてるんだなぁ。


あと、この本の表紙の絵や装丁も良いんですよ。
インテリアにもなるというと大げさかもだけど、私は好きな感じです。

そして、この本を読むことで、またル・カインの絵本、他のさくらももこエッセイが読みたくなるというループが待っています!

『ひとりずもう』

小学5年生からデビューするまでの話を書いた作品です。エッセイが漫画になったものがあります。

ちびまる子ちゃんは小学3年生だけど、その続き読んでるような気分です。面白いことがたくさん起こるストーリーではないので、地味な印象もあるけど、私は大好きです!

絵本を買ってる場面があるんですけど、これはエロール・ル・カインの本かななんて思ったり。

私と同じと言うとおこがましいけど、自分の中学、高校時代と重ねて読みました。笑える所もあるけど、切なくなる場面の方が多いかもしれません。

それはさくら先生がもういないから…ということもあるでしょう。もう新作のエッセイが読めないなんて寂しすぎる。本当に。


さくらももこのエッセイが好き

青春というのがあまりあった気がしませんが、もし有れば、それを共に過ごしてくれた存在の1つに、さくらももこさんの本があったのは間違いない。

子供の頃は「こんな絵で漫画家になれるのか」なんて失礼なこと思ってました。
でも、大きくなるとセンスあるなと薄々感じ始めてた気がする。
あんな地味な日常(失礼)を面白く描けるなんて、やっぱりすごいです。永沢君とかもイヤなヤツだけど、憎めないしなぁ。
 

小学生時代は『りぼん』や『なかよし』といった少女漫画は最初の頃しばらく苦手だったけど、『ちびまる子ちゃん』だけはずっと読んでました。
恋愛要素がほぼゼロで、目もキラキラしてないから、少女漫画感がなくて読みやすかったんですよね。


関連記事⇒ 漫画喫茶が好きな主婦のオススメ漫画いろいろ、アラフォー世代には懐かしいあの漫画も!


漫画はもちろんだけど、エッセイが面白い人なんて滅多にいないだろうなぁ。

最近アクセスの多い記事