papico's note

通信大学生で主婦。日常を楽しく過ごす方法を探していきます。

【読書感想文】にも役立つ『学校では教えてくれない大切なこと』シリーズがおもしろい!

「学校では教えてくれない大切なこと」シリーズがおもしろい

学校では教えてくれない大切なこと』というシリーズの本が旺文社から出版されてます。
結構売れてるらしいので、お子さんがいる方は知ってるかもしれませんね。

www.obunsha.co.jp

読者対象は基本的に小学生なんですが、全体的にとても良く出来ています。ほぼ全ページがイラストなので分かりやすいし、情報量も意外と多くて、大人の私でも割と参考になることがあったりします。


10冊程読んだことがあるので、その中で特に、大人にも(もちろん子どもにも)オススメの本を3つ紹介します。



友だち関係

一番初めに買ったのは「友だち関係」です。学校関係の友人に悩んでた時、イラストで読みやすそうということで購入しました。疲れた時は文字は読みたくない!ってことで。

サブタイトルが「自分と仲良く」となってるとおり、半分は自己肯定感を高めさせるような内容です。


イライラ、不安、ハッピーなどいろんな気持ちがあるってことや、それを減らしたり増やしたりする方法。

長所や短所を含めて自分を知って、自分を好きになる方法。
頑張ってるのに自信がないのは、周りの人と比べたり、自分のダメな所ばかり探してしまうから、なんてことも書いてあります。

人と対等に付き合うには、まず自分のことをちゃんと認めようって事ですね。


友だちに対しての章では「嫌だったり、苦手だと思う人でもいろんな面がある」という話や相手への伝え方なども教えてくれます。


文章がうまくなる

文章の書き方を簡単に教えてくれる本です。読書感想文の書き方のコツについても触れてるので、今の時期にオススメです。

「事実」と「気持ち(意見)」を書くのが文章だとしています。
文章力とは整理力、表現力、伝える力。


表現の幅を広げるために語彙力(ごいりょく)をつける。例えば知らない言葉は調べる、本を読む、映画をみる、様々な人と話すなど。
五感で伝えたり、例えを使うことも効果的。


読書感想文については、登場人物に注目したり、作者を想像するなど色々書いてあります。
これを参考にすれば、きっと良い読書感想文が書けるんじゃないかな。「あらすじ」で無駄に字数を稼いでた小・中学生時代に読みたかった本です(笑)
久々に読書感想文を書きたくなってきました。


文章の書き方って習ってるようで、ちゃんと習ってない気がするので、むしろ大人にオススメです。
ブログとか書くときも参考になるかも。


読書感想文に役立つ 読書&作文セット』というのも出てるようです。


時間の使い方

時間の使い方も、未だにちゃんと出来てない気がします…。

子どもにとっては、時間の感覚や使い方を知るために良さそうです。
大人にとっては、多分そこまで新しいことは書いてませんが、再度時間の大切さを確認する目的で。


2時間ゲームがやめられない子どもに対して、「そのうち5分だけで良いから家の手伝いして」って言う場面があって、なるほどと思いました。5分なら良いよって言いそうですよね。
ちなみに私は「あと5分!」が口癖です(笑)


時間の使い方が上手になるには丁寧に暮らすことが大切ということで、「ながらをやめる」「二度手間を減らす」「毎日やることをリストにする」など。私は意外と出来てないなぁ。

1日の間に「何にどれくらい時間使ってるか」把握するとかも考えてみると良いのかなと思いました。スマホ見過ぎてるかもしれない。


夏休みの計画表

ギリギリになって焦らないためのアドバイスも書いてあります。1日で終わらないことは予定を立てましょうという感じで。1日、1週間の計画など、様々な計画を立てさせようとして来ます。


私もせっかくなので、子どもの頃の気持ちに戻って、「夏休みの計画表」を書いてみました。修正テープ多くてすみませんw
f:id:papico405:20190808191048j:plain

「プール」とか書いてたら夏休み感がでるんだけど、、残念です。地味。
こういうのって詰め込みがちですね、合宿っぽくなってしまった。

本では、立てた計画がちゃんとクリア出来るような方法も教えてくれてます。達成できた場合のご褒美も忘れずに♫

小学生だけじゃもったいない

帯に「小学生のうちに身につけておきたいこと」って書いてるし、家族に知られるのが若干恥ずかしいので、Kindleで買ったりしてます(笑)営業妨害になるかもだけど、図書館にもあります。


普通の本ももちろん読みますが、時々こういう子ども向けの本もチェックしてます。意外と知らなかったってこともあるので。動物や植物図鑑とかもおもしろいですね。


時期的にもちょうど良いのでご紹介しました。このシリーズは30冊位あるので、1冊ぐらいは興味あるのが見つかるかもしれません。
漫画を読む感覚で軽く読めるのに、いろいろ教えてくれるので、やっぱり良い本だろうなと思います。

最近アクセスの多い記事