papico's note

通信大学生で主婦。日常を楽しく過ごす方法を探していきます。

「ブログ論」に振り回されてる初心者ブロガーの悩み

ブログ初心者で、すぐ検索しちゃう私は「ブログ論」なるものを頻繁に見ていました。私はそのブログ論に振り回されてます。同じように「役に立つ記事が書けない」と思ってる人に見ていただきたいです。

初心者を悩ませるブログ論

ブログ論に振り回される初心者ブロガー
よく見かけるのは「まず初心者は3ヶ月で100記事書こう、話はそれからだ!」みたいなのとか、「毎日記事を書かないとダメ」と言うもの。

毎日かけと言われても

ネットでも、ブログ関係の本でも、「初心者はとにかく書きまくれ」と書いてるけど、ネタが毎日思いつかない…。

しかも、日記は有名人が書いているから価値があるのであって、誰も一般人の日記なんか興味ないんだから「役に立つ」「中身のある」記事を書きましょうという強めの意見や、1,500〜2,000文字以上が理想というような情報もネットにはたくさん転がっています。
5,000文字書けと言ってた人もいたなぁ。無理ですよ。


ネタが思いついたとしても、「チラ裏」という言葉や、役に立たないかもとか、これはただの日記だし、とネットで仕入れた「ブログ論」情報が入りすぎで、筆が、、いや文字入力が進まないのです!その間に他の人はどんどん更新しているから余計に焦る…。

量より質?!

そういう、「たくさん書こう」というブログ論がある一方で、「価値のない記事を量産してもGoogleの評価が下がるから、それなら価値のある記事を1週間に1個書く方がマシ」とかいうのもあったりして…。


え?どっち?!
さっき「初心者は書きまくれ」って聞いたんですけど…。


量か質か問題とでも言うのでしょうか。
本当はどっちも出来たら良いんですが、ライターでもない素人が「役に立つ記事を毎日書く」なんてハードルが高すぎますよね。
いろんな情報を与えて、初心者ブロガーを潰そうとしてるとしか思えない…!!(←妄想)

役に立つ記事とは何なのか?

役に立つって曖昧な感じがします。当たり前だけど、子育て中の主婦と、営業のサラリーマンじゃ役に立つ記事が違うだろうし。誰に向けて書くかを意識するってことでしょうね。それは今後の課題です。

役に立つと言われると、直接的なアドバイス記事と思いがちですが、読んでて楽しい「ほのぼの系」の方が良いことも十分ありえます。
転職活動中に、友だちが仕事で成功してる話なんて聞きたくないですよね。そんな時は失敗談みたいな日記に救われます。


役に立つつもりで書いた記事が評判悪かったりする一方で、独り言みたいなものに「いいね」が多くついたり。何が良いのか余計に分からなくなる。

ブログ論のことは考えない

という感じでグルグル、モヤモヤしてたら、神記事を見つけました!

初心者に役立つ記事をたくさん公開しているクロネさんという人のブログです。

人と比べてPVが少ない、記事が少ない、読者が少ない、そして収益もあの人より少ない!とか思っちゃいますよね。比べたくなる気持ちは仕方ないけど、誰かと競争するためにブログ始めたの?
初心を思い出して、余計な情報が入りすぎて書けないなら、そんなブログ論捨てちゃえば?という感じのことが書いてあります。


10年以上前に少しブログやってた時は、ブログ論なんてのはまだ無くて、自由に書いてました。PVなんかも気にしてなかったし。情報が入りすぎるのも困りますね。


最近買った本にも「比べるなら他人ではなく過去の自分」、「できることに集中する」と書いてました。過去より成長していればオッケー!

ブログ論より自分の目的を確認する

クロネさんの記事を読んで、私がブログをやってる理由はなんだろうと改めて考えました。
アドセンス広告を貼ってますから「ブログ飯」(収益)的なことに興味無いです!なんて白々しいことは言いません。まあ、お小遣い程度だと思いますが。あわよくばという気持ちはあります。


それも少し期待はしてるけど、今後は自分の作った版画などの作品をネットで見てもらうというのが一番の目標です。人に見せると上達すると言いますから。


あとは、直接的に絵とか写真じゃなくても、文章にもその人の個性が表れてると思うので、そういうのも含めた自己表現も兼ねてますね。


アイキャッチ画像を毎回作ってますが、それも好きな作業です。むしろ本文書くよりそっちの方が楽しかったりして。


▼自己表現の専門ブログ作りました。
art.papico405.com



ブログはもっと気楽に書きたい

ブログは量か質か問題は結局のところ量の方が優勢のようです。書いてるうちに質も良くなるはず、ということですね。


私もせっかくだから100記事までなるべく早めに行きたいけど、この記事でやっと20個目です。先は長い…。でも最初の頃よりは記事を書く時間が短縮された気がします。


ブログに関する記事が多くなるのも初心者あるあるらしいです(^_^;)
みんな書いてるから個性がなくなるかもしれないけど、つい書いてしまいます、だって今一番それが気になってるし書きやすいから。


見てくれる人のことも意識するけど、ネットの「ブログ論」情報にあまり振り回されて難しく考えすぎずに、もっと気楽に、自由に続けていこうと思います。
毎日は書けませんけどね。


半年経ってみてのあとがき:やっぱり量より質かも

ブログ歴半年経ちまして、毎日書かなくても、無理に100記事と騒がなくてもOKという結論に達しました!

私は半年で77記事しか書けませんでした。もちろん毎日ではないです。だけど半年経った時点で「検索流入」がすごく増えました。


もし、無理やり毎日更新しようとしてたら、ブログを辞めていたかもしれません。
私が心がけているのは、今の時点でベストを尽くした記事を書くことです。3日に1つでも、1週間に1つでもいいから、全力で書く。それでも結局あとでリライトすることになりますけど。


もちろん、毎日書きたければ書きます。たまに気まぐれで3日連続で投稿したりもします。
でも10日ぐらい書かないこともある。そんな感じで行ったほうが心に余裕が出て、続くのかななんて思います。


しかし、「収益」が最大の目的でしたら、毎日の方が「数撃ちゃ当たる」で良いかも…。自分が何のためにブログを書いてるかによります。私みたいなタイプは毎日じゃなくていいです。

最近アクセスの多い記事