papico's note

通信大学生で主婦。日常を楽しく過ごす方法を探していきます。

noteを始めたので『noteではじめる新しいアウトプットの教室』を読んだ。

noteを始めたので『noteではじめる新しいアウトプットの教室』を読んだ

「note」やってますか?
前から気になってたけど、ブログもやってるし、中々始める気になりませんでしたが、最近ついに登録しました

それに伴い『noteではじめる新しいアウトプットの教室』も買って読んでみたので、感想を書こうと思います。

スポンサーリンク

 


「note」とは何か

noteの説明は公式サイトにお任せします、引用で。

noteは、文章、写真、イラスト、音楽、映像などの作品を投稿して、クリエイターとユーザをつなぐことができる、まったく新しいタイプのウェブサービスです。

つくった作品(ノート)は、通常のブログやSNSなどと同様に無料で公開することもできますし、手軽に売り買いすることも可能です。


・新作を発表して読者やファンと交流する。
・とびっきりの自信作のノートを売る。
・あこがれのクリエイターのノートを買う。


クリエイターとファンの、まったくあたらしい交流のかたちをお楽しみいただければ幸いです。

引用:note「はじめてのnoteガイド」より


SNSでもあり、ブログでもありと言った所でしょうか。テキストや画像はもちろん、音楽や映像もOKだし、有料で公開することも可能です!
応援したいクリエイターがいればサポート(寄付)もできます。逆にサポートされる事もあるかも?

しばらくこの「クリエイター」という部分に引っかかって、ずっとスルーしてたんですよね。ハードルが高く感じて…。

でも、実際に投稿してる人たちのノートを見ると、すごい人達もいるけど、ふつうの人も多いので、そこはあまり気にしなくていいのかなと思いました。

つまり自由に好きなように書いたら良いよ!ってことですね。


始めたきっかけ

noteを始めたのはブログ仲間の泉沢さんの影響です。1分マンガを更新するとのことなので、フォローするために登録しました。ファンなので。

ちなみにnoteに登録しなくても、人のノートを読んだりは可能です。


あとはブログでもなく、Twitterでもない、新しいアウトプットの場所として登録しました。

『noteではじめる新しいアウトプットの教室』概要と感想

ここからが本題。今回読んだのはこの本です。

アイキャッチこれに寄せましたw 割と最近出たばかりの本です。

この本がオススメな人

本の読者対象はnoteに興味がある人。気になってるとか、登録したけど何したら良いか分からない人にはピッタリな本です!
本の構成は大きく分けると【書き方】【伝え方】【続け方】で分かれています。


感想:ブログ書いてる人はnoteと相性良さそう

この本を読んでると、書いてあることがブログと共通してるなと思いました。

具体的には「書くこと・書きたいこと、書かないこと、読者像を決めるなどマイルールを決めておくと書きやすい」、「書き出しはつかみが肝心」「クリックしたくなるタイトルをつける」「記事のネタ探し」などについても触れてます。


技術的な「note」の使い方はもちろん、ブログにも通じるアウトプット(発信)についての情報もあり、これから始める初心者に優しい本です。


マガジンと有料コンテンツが大きな特徴

noteではブログで言う「カテゴリ」のような存在の「マガジン」が作れます。

1つのアカウントで、全然タイプの違うジャンルのノートを公開したい時に便利そうです。

例えば私の場合は、基本は「ほぼ日手帳」に描いたイラストなどを載せるつもりですが、ブログ関係のことも書きたければ「ブロガー向けマガジン」を作れる。

そして、フォローはマガジン単位でできるのも良さげです。
非公開マガジンを作れば、自分用ブックマークとしても使えるとのこと。

販売するのも可能

ブログや、ツイッターなど他のSNSと違うのはコンテンツ自体に好きな値段をつけて販売できることです。

ノートごとに無料か有料かをその都度選べて、100円から1万円までの間で設定可能。
プレミアム会員になると上限が5万円になります!そんな高いの買う人いるのかな?ちなみに手数料が10%〜取られます。

本では「ちょうどいい価格のつけ方」も載っています。買ってくれる人がいなければ無意味ですからね…。



私のnote宣伝

まだ始めたばかりで、どのように展開していくか迷い中で、ほとんど独り言ですが、たまに投稿してます。ブログより気楽です。

note.mu

慣れてきたらマガジンを作成して、「◯◯砲に頼らず、アドセンスで月3,000円以上稼ぐSEO」とか調子に乗って書こうかな?中途半端(笑)※この前Googleに半日載ったのですが、全然収益なかったから大丈夫!…。

『noteではじめる新しいアウトプットの教室』を読んだまとめ

『noteではじめる新しいアウトプットの教室』

noteは絵(イラスト、マンガ含む)、写真、詩などを描いてる人ももちろんいますけど、Twitterのような感覚で使うのもアリだと感じました。
何か投稿して、フォロワーは増えなくてもスキ(いいね)をされると、何か嬉しいものです。


本の感想としては、既にブログなど開設できてる人は読まなくても、実際やってみて、わからない所だけ検索するでも良いかなと思ってしまいました。


ただ、私の場合は初めて触れるものはナゼかこの手の本を買ってしまう癖があります。基礎が分かってた方が安心するので(笑)

読んだおかげで、アウトプット(情報発信)へのモチベーションみたいなものが少し上がったかな?という気がします。あとあまり難しく考えなくていいということも。


考えてみれば文章だって、その人にしか書けない作品みたいなものですよね。


noteはブログの息抜きにもなるし、あわよくば販売して収益化もできるし、サブブログ代わりにもなりますよ。

私も今サブブログあるんですが、今度からnoteに投稿しようかと考え始めています。(未定)

note.pieceofcake.help

▲最後にこの「創作活動でもっとも大事なこと」がすごく良いこと書いてるので、よければ見てみてください。noteとか関係なく当てはまると思います。

最近アクセスの多い記事