『ブルーピリオド』が面白くて泣ける?美大を目指す高校生の漫画、10月にアニメ化!

ブルーピリオド』という美大を目指す青春漫画あるんですが、読んでみたらすごくハマって、一気に大人買いしました。2021年の10月にアニメ化するので楽しみです。

ぱぴこ

漫画は電子書籍より紙派のぱぴこです。紙じゃないと読んだ気がしないw なるべくネタバレしないように気をつけて書いてます。

もくじ

『ブルーピリオド』はどんな漫画?

気になる方は1巻だけKindleで無料で読めるらしいです。私はちらっと試し読みして「これ好きかも」ってなったので途中で読むのやめて、紙派なので単行本の方を大人買いしました。10冊あるから結構な出費…。

ブルーピリオドの簡単なストーリー

主人公の矢口八虎は高校二年生で、チャラいキャラ(ちょっと悪い?)だけど成績も良くて人、付き合いもよくて、まあまあ充実した生活をしてたけど何となく物足りなさを感じている。
ある日、美術室で先輩の絵に心を奪われて、美術の世界に飛び込む事に。そして、まさかの芸大を目指す物語。
※現在は11巻まで出てます。

『ブルーピリオド』は美大を目指すストーリーですが、主人公の八虎もデッサンて何?という初心者なので、大丈夫です。

野球とかサッカーとかテニスの漫画も、そんなに詳しくなくても少しずつ成長する主人公のことを応援したくなりますよね?ブルーピリオドもそんな感じ。スポーツじゃなくて美術になっただけです。

美術のことあまり知らなくても面白いけど、美大行ってる(た)とか、ちょっと絵を描いてる人にはさらに確実に刺さります。

ブルーピリオドの登場人物

面白い漫画はだいたい主人公以外のキャラクターも魅力的だけど、ブルーピリオドも個性的なキャラが多いです。(漫画の中身の写真撮ると著作権とかいろいろ怒られそうなのでAmazonのリンク貼ってます)

美術に関してド素人の主人公が成長していくのが主軸のストーリーではあるけど、他の登場人物たちもそれぞれ自分の進路や絵について悩み、苦しみ葛藤したりしてて共に成長していきます。

家族とうまく行ってないみたいなのもあったりして、そういう人間関係も気になります。
また、主人公に向けられるセリフの中に名言が多いのも特徴です。

鮎川龍二

主人公の八虎が美術部に入るきっかけとなる人物。男子だけど女子の格好してて、龍二だけどユカと呼ばれてる。

「悔しいと思うならまだ戦えるね」
という名言があります。

高橋世田介

ちょっと絵の感じが若干デフォルメされてるけど、世田介くん。
いつもチェックのシャツを着てます。絵が抜群にうまい天才。最初の印象は悪かったけど一番お気に入りです。漫画を読み勧めていくと実は世田介が主人公なんじゃないかと思ってしまうことがたまにある…。

森先輩

主人公の八虎はこの森先輩の絵をみて美術の道に進みました。森先輩の画像探してて、「森まる」って名前だと知りました!漫画には森先輩しか書いてなかったけどアニメでフルネームついたのかな?

他にも好きなキャラいるんですが、今期のアニメでどこまで進むのかわからないので伏せておきます。

絵の技法や練習法についても勉強になる

ちゃんと買って読んでるよアピールw

私の話なんて今回はどうでもいいんだけど、藝大ではないけど少し美術系の方に関係ありまして絵を描いたりしてるので、予備校時代に八虎が先生に教えられる事が勉強になると言うか、付箋貼りまくりでした。漫画に付箋貼ったのなんて、多分今までで初めてのことですw

絵が上手い人を単純に「才能ある人は羨ましい」みたいな目で見がちだったけど、ちゃんと彼らは努力しててその結果なんだなって改めて実感しました。それは美術に限ったことではないですね。

▼個人的に良いなと思ったものをいくつか紹介します。

スクラップブック

美術部の先生が夏休みの課題をたくさん出す場面があるんですが、その中でスクラップブックが気になりまして、密かに真似してます。自分がいいなと思ったものを貼り付けたり、描いたりするやつです。絵・写真・文章など何でもOKというもの。

実際に美大の受験生もやってるとのことで。自分が何に興味あるのか、どんな絵を描きたいかみたいに迷った時に引き出しになってくれそうです。

「すべての名画は構図が良い」

美術予備校の大葉先生の言葉です。デッサン教室にちらっと通ったことあるけど構図が一番大事という先生も結構いましたね。良い絵はちゃんと視線誘導とかもされてて計算されているんですね。何となく適当に描いたっぽい絵も割と好きだけど。そういうのも実は計算されてる?

「美術は文字じゃない言語」

美術部の佐伯先生が言ってました。(絵で)言いたいことを教えてくださいと。絵作りみたいなことですね。自分がどんなことが好きでどんな絵を描くか。
主人公の八虎もこれについてはすごく悩んでいました。ここでスクラップが生きてくるのでは?

余談:他の美大漫画の話

『ブルーピリオド』を推してて、その話してるのに完全に余談なんですが…。
私が一番初めに読んだ美術系の漫画で東村アキコさんの『かくかくしかじか』ってのがありまして。

読んでる途中でこちらを思い出しました。『かくかくしかじか』は絵画教室の先生との出会い、漫画家になっていく話だけど、なぜかこっちも久々に読みたくなりました。

たぶん、これよりもかなり有名な『ハチミツとクローバー』(Amazonリンク)は読んでないんですよね。今更だけどそっちも読みたい。近い内に漫画喫茶でも行こうかな?

『ブルーピリオド』アニメ楽しみ

最後ちょっと脱線してしまいましたが、改めてブルーピリオドの話。
まさかアラフォーの私が男子高校生が主人公の青春漫画を読んで、こんなに響くとは思いませんでした…。
1冊700円前後だから7,000円以上使って一気読みか、うん、でも面白いので良いです。ディズニーランド行くより全然安いw

最新刊も買いましたよ。10月のアニメ化を楽しみにしています!
コレ書いてる時にもう一回読みたくなったので、最初からまた読もうと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる